新着情報

勤続58年、60回目の訪問 宮城県岩沼市竹駒神社参拝

エントリー投稿日:2022/01/24

10歳からのスタートでした。
毎年1月にここへ来ますと一年の整(ととのい)が出来、また新しい一年を迎えるのでした。
今年も私の個人的なお参りですが、昨今ぜひご一緒したいという方々もおり、今回は12名の方と訪問。
1月21日に仙台で宿泊。牛タンに舌鼓。
翌22日は皆で各自の心を胸に竹駒神社参拝を行いました。
我ながらいつもよく続いたもの!と毎年思い、京都へと戻りました。

一般財団法人伊勢神宮勾玉会
代表理事(会長)武本俊


(竹駒神社の由来)

あの世とこの世を行ったり来たり、天皇様の閣僚の一人(小野篁(おののたかむら)・京都)が東北の地の開拓を祈願し、伏見稲荷(京都)を勧請して創建した神社であります。
平安時代初期の事でした。
小野篁は昼は天皇様に仕え、夜は京都大椿山の六道珍皇寺(日本最古の禅寺・建仁寺派)の井戸を通ってあの世に行き閻魔様の側近として働いた人物と言われています。

竹駒神社は日本三大稲荷の1つとも言われます。
三大稲荷は諸説ありますが、
1に伏見稲荷(京都)
1に祐徳稲荷(佐賀)
1に笠間稲荷(茨城)
1に豊川稲荷(愛知)
1に竹駒稲荷(宮城)
この5つの中の1つに属します。
主祭神は倉稲魂神(うかのみたまのかみ)です。







新春のお慶びを謹んで申し上げます

エントリー投稿日:2022/1/1

新春のお慶びを謹んで申し上げます。
この一年、皆様の家内安全・商売繁盛・疫病退散・心願成就を心に込め八百万の神々に祈年申し上げます。

新しき年の思い出


新しい年を迎える時期になると、必ず思い出す一説があります。

私は40年間、毎年神宮を参拝させていただいています。そして25年前、42歳の時に勾玉会を授かり今に至っています。

もう30年前にもなりますが、当時神宮司庁に奉職されていたさる方から正月も終わりになる頃、大変興味深いお話を伺う機会に恵まれました。

お話の内容は今でも鮮明に記憶しています。概略は次のとおりです。


「人間個々の自己実現は必要不可欠である。その不可欠という意は、たとえ自分の必要とした全てが満たされたとしても、自己現実化、自己実現が叶わなければきっと不満を感じる。いかなる宗教家も念じて祈るだけでは駄目で、行じ(動くこと)なくてはならない。たとえ日々何も満たされていなくても自己実現(祈りと行動)が起こっていたら、きっと深く全面的な充足を感じるだろう」


浅学菲才な私ですが、このようなお話を聞き、私なりの自己実現法は、神宮に祈り、神宮へ行ずること(参拝)を続ける意がより目覚めたことでした。良き思い出に感謝しております。

また、皆様と参りたく存じます。


令和4(2022)年元旦

一般財団法人伊勢神宮勾玉会

代表理事(会長) 武本 俊


<お知らせ>

伊勢神宮勾玉会 第24期全国役員総会は、本年3月20日 午前9時30分より、東京代々木の明治神宮にて開催致します。

神々のつぶやき No.53 いずれも先達から聞き及んだ話だが…

エントリー投稿日:2022/01/01


我が輩は寅ちゃんである。
寅は寅でもマガ寅と申します。
この1年宜しく!トラトラトラ!
寅ちゃんが見た聞いた物語、始まり始まり!


<神々のくすり?>

ザ・OSHOの考えより。

病気になって熱のある人間がいる。そこに医者が来て言う。
「まず熱を下げなさい。まず元気になりなさい。そうしたら薬をあげよう。」

泥棒が神主の所へやって来て言う。
「私は泥棒です。どうかまともな人間になる祈りを授けて下さい。」

すると神主は言う。「まずその稼業から足を洗いなさい。
泥棒であるかぎり祈っても無駄かも知れない・・・と。」

アルコール、ギャンブル依存症の者が神社へ来て恐る恐る言う。
「私はアル中とギャンブル症のどうにもならない人間です。
どうしたら神々の御加護を受けられますか!」と尋ねる。
「まず第一条件は酒を断つことだ。さもないと意味が無い。」と言われた。

しかしよく考えて見ればこのような方々は心が歪み病んでいるからでもある。
それなのに「まずまっとうな人になりなさい、それからだ」と言われたら?
どうだろうと思う。
薬は泥棒に与えても効く。聖人に与えても効く。

寅は思う。
神社、神々への祈りは正にそのような歪みに対し
心の治療所、治療法、治療薬を与えるくすりになるスポットかも知れません。

不信仰を自覚しつつ信仰とは続ける事が万全に効く漢方薬、妙薬、良薬、
いわゆるクスリ!と笑う日が来る事を信じ、あっ!そうだ神社へ行こっトラ!!

今年も良きくすりを浴びて健康にお過ごし下さい。


                                我が輩はマガ寅!

                                    

神々のつぶやき No.52 いずれも先達から聞き及んだ話だが…

エントリー投稿日:2021/12/01

ゆく年くる年、さよなら2021年、こんにちは2022年

2019年末から2年間という長い期間、コロナという疫病によって世界中の人々が大変な思いを致しました。
されど、決して明けない夜はございません。必ずや旭日昇天の如く、
皆様にとっての太陽が戻り、運気が訪れることでしょう。
いよいよ2022年(令和4年)は、一人一人の夜明けです。
待ちに待った運気到来です。ぜひ共にこのチャンスをつかみましょう。

来年からは勾玉牛君に代わりに寅ちゃん(マガトラ)の登場です。ご期待ください。


本日は、牛ちゃんの話ではなく、人間まがたまゴロゴロ様のこの一年の気にかかったこと、
また、なつかしく想う一説を書きました。女性皇族と教育、そして信仰です。

私ゴロゴロはこの一年で何とも言えない感情になった出来事がありました。
皇族秋篠宮文仁親王の御長女(現、小室眞子さん)の件です。
お二人がテレビで話されているのを見ておどろいたのは眞子さんが堂々と
民間人以上の歯切れをもってお話されている姿でした。
私はお二人の結婚に対して何ら申し上げる事はありません。どうか、お幸せになられてください。

何年か前に亡くなった私の義母は上皇上皇后両陛下の御息女、
元紀宮内親王、現黒田清子さん(現天皇陛下の実妹で伊勢神宮祭主)の二歳児から永年にわたり
東宮御所に通い家庭教師を務めた一人でした。上皇御夫妻からの再三の依頼も断り続けましたが
美智子上皇后さまからの一言で引き受けることになったそうです。

「この子はいずれ民間に嫁ぐ日が訪れるでしょう。その時にしっかり対応できる教育をお願いしたい」
とのお言葉を賜り、心を決めたと申しておりました。
後に義母は新聞やテレビに特別な天皇家の家庭教師として取材を受けた時に同じ想いを語っております。

義母の教育理念は「教育は実践的な裏付けに支えられていなければならない」ということであり、
幼少の紀宮内親王に包丁を握らせ、東宮御所で火を燃やし、焼き芋を食したりもしたようです。
また、人とは、女性とは、伝統(信仰)とは、といった話をしばしば語ったといいます。

この度の眞子さんのテレビ会見での内容は正に女性皇族世界を超越した人間味ある
実践的なものであったと私は思いつつ久しぶりに義母のことを思いだした一節でした。
眞子さんもおそらく実践教育者との交流、出会いがあったのでしょう。

人は、人間である以上、心と体(健康)を育み、伝統と祈りの魂を大事に、
日々実践の活動の中、生きて行く者と考えます。

私、ゴロゴロは天皇家とは全く関係もゆかりもありませんが、
神宮に奉仕する機会を得ていることに人生の不思議を感じています。
来年も引き続き神宮を通じ、良き祈りを日本に、世界に、届けたいと思っております。

本年もコラムお読みいただき有難うございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。

マガ寅ちゃん登場です!

                                   勾玉牛拝

                                       

令和3年度 伊勢神宮勾玉会主催 全国会員特別まがたま祭が無事終了致しました

エントリー投稿日:2021/11/17

お知らせ

令和3年度 伊勢神宮勾玉会主催 全国会員特別まがたま祭が無事終了致しました。

11月13日(土)
ホテル&リゾーツ伊勢志摩におきまして、全国より集った60名の方々が参席されました。
第一部 会員主催によるコンサート
第二部 伊勢志摩の美味しい料理を堪能する晩餐の夕べが開催され、楽しい一時を過ごさせて頂きました。

11月14日(日)
雲一つない神宮において
午前 外宮(御垣内)参拝 
神楽殿において御神楽奉納。せんぐう館(初めての方々のみ)拝観。

午後 内宮(御垣内)参拝
神宮会館において当日参加者を含め80名御臨席の下、直会を開催。
当会参与で女優の熊谷眞実氏の挨拶もあり、わきあいあいの中終了致しました事、お知らせ致します。

この度の式典を最後に、本年度の勾玉会の神宮における式典は終了致しました。

来年、令和4年度は恐らくコロナも現状よりも落ち着き、素晴らしい内容で神宮参内になるものと思います。
何卒宜しくお願い申し上げます。


ホテル&リゾーツ伊勢志摩において会員による癒しのコンサート


神宮参拝(外宮)


神宮参拝(内宮)


神宮会館(直会) 主催者挨拶


神宮会館(直会)にて


熊谷眞実(当会参与)さんを囲んで


直会の中締め 東京代表(理事)永瀨正彦

伊勢神宮勾玉会への入会についてはこちらから

事務局へのお問い合わせはお気軽にご連絡ください。TEL:075-411-9045 FAX:075-411-9045